カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

故障かなと思ったら。

イージーラップがうまく動かない、計測が不安定などの症状が出たら、次のような点を確認してください。

== 赤外線モードでの計測ができなかったり、不安定だったりする。 ==

1)電池は減っていませんか。

   → 電池が少なくなると、液晶画面は出たり、トランスミッタの電源ランプは点きますが、キー入力が効かなくなったり、赤外線の出力が弱くなって動作が不安定になります。電池を新しくしてみてください。トランスミッタの電源切り忘れにご注意ください。

2)赤外線計測のモードになっていますか。

   → センサーモード切替でH-SNSになっていることを確認してください。

3)赤外線センサーとトランスミッタの間に光をさえぎるものがありませんか。

   → 赤外線センサーの窓とトランスミッタの間に障害物が無いことを確認してください。乗車時に手や膝などが邪魔していないかにも注意してください。

4)ケーブルにキズがあったり折れ曲がっているところは無いですか。 

   → センサーケーブル内部で断線したりすることがあります。

5)本体内部のコネクタが抜けていませんか。

   → ケーブルを引っ張ったりすると、本体内部のコネクタが抜けてしまうことがあります。また、ケーブルの取り回しがきつい場合も抜けてくることがあります。意外に多いトラブルです。

6)赤外線の窓が汚れていませんか。

   → センサー表面の黒窓が汚れていると赤外線センサーに光が入らず、計測できなかったり不安定になることがあります。柔らかい布などで窓の汚れを落としてください。

7)別の赤外線トランスミッタが近くに置かれたりしていませんか。

   → 他の赤外線トランスミッタ(自社製、他社製問わず)が近くに置かれていると、赤外線の出力信号がお互いに干渉して、計測が不安定になることがあります。 トランスミッタは互いに十分に離して(できれば10m以上)設置してください。他の人のイージーラップのトランスミッタがすでに置いてあれば、そのトランスミッタで計測可能です。また、サーキットの計測システムが赤外線の場合はそちらの赤外線の影響が出ることがありますのでご注意ください。

8)手元で赤外線の動作テストをすると反応したりしなかったりする。

   → 赤外線に一度反応すると、その後10秒間はセンサー入力に反応しなくなります。ストレートに置かれた複数のトランスミッタ全てに反応してしまうのを防ぐためです。赤外線の動作テストは10秒以上間隔を空けてから行ってください。

== 磁気モードでの計測ができなかったり、不安定だったりする。 ==

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13940&eid=112